2011年12月12日

STEEZ CM 黄帝心仙人 ver.不思議の国のSTEEZ〜

STEEZ CMの黄帝心仙人 ver.をご紹介。

STEEZがふわふわ浮いていて不思議な動画です。

というか黄帝心仙人さんの
不思議感が相変わらずハンパない!

STEEZ CM 黄帝心仙人 ver.動画、要チェック!



Pioneer STEEZ ポータブルミュージックシステム
posted by STEEZ スピーカー at 19:00| Comment(0) | ダンサーCM動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

steezのCM動画がやばい。

steezのCM動画をご紹介します。

これだけの有名ダンサーがおすすめしているsteez。
質の高さをうかがえますね。

MADOKAさん、カリスマカンタローさん、YOSHIEさんのコメントは
おお、そうなのかあっと思いました。

たくさんのダンサーのムーブも見れちゃうので
ぜひチェックしてみてください。



Pioneer STEEZ ポータブルミュージックシステム
posted by STEEZ スピーカー at 13:23| Comment(0) | ダンサーCM動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

steez スピーカー 型番の違い

steez スピーカーの型番の違いが気になっている方はいませんか?

d10s_photo.jpgd10t_photo.jpg

価格が近く、見た目も似ている型番は

・STZ-D10Tシリーズ(STZ-D10T-G STZ-D10T-R STZ-D10T-K)
・STZ-D10Sシリーズ(STZ-D10S-L STZ-D10S-W STZ-D10S-P)

があります。
STZ-D10Tシリーズのほうがやや価格が高いです。

このふたつの型番、どう違うのでしょうか?
大きな違いはふたつあります。


STZ-D10Tシリーズでは

・IPX2相当の防滴構造。
・「オートバトルモード」のサークルバトル用「Circle」がある。


STZ-D10Sシリーズは

・防滴構造ではない。
・「オートバトルモード」のサークルバトル用「Circle」がない。
(「Normal」のみ)


価格が微妙に違うのはこういうことからなんですね。

個人的におすすめはSTZ-D10Tシリーズ。
そんなに価格が変わるわけでもないので
より機能が充実しているほうがお得です。

しかし
少しでも価格を安くおさえたい、
あまり外で練習しない、
サークルバトル用設定は必要ない、
のであればSTZ-D10Sシリーズのうほうがいいですね。

ただ、後で防滴にしておけばよかった…
ということがないようによくご検討を。

自分のニーズに合わせて選んでくださいね。

こちらのリンクから、両方の型番が選べます↓




posted by STEEZ スピーカー at 13:08| Comment(0) | 型番の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。